プラント工具の種類

コンパクトドリル

プラントという言葉には大型施設を表すものの他に、植物という意味もあります。
その大方施設を作るために扱う工具のことをプラント工具といいますが、植物に関する工具のこともプラント工具といいます。

大型施設で使用している工具には溶接や金属加工などといった大掛かりな機能を備えていますが、植物に関する工具はスコップなどのこともプラント工具というのです。
土を耕すスコップから、植物の形を整える草刈りハサミや、芝生を整えるバリカンなど造園などのために必要なものは全てプラント工具といいます。
大型施設で使用するものも同じ呼び方なのでわかりづらいかとは思いますが、植物関係の話題の中で出たプラント工具とは植物に関する工具のことなのです。

造園のためだからといって、甘く考えて使用するのは危険に繋がります。
木々の伐採のために使用する電動工具であるチェーンソーなどは、まさに取り扱いに注意しなければなりません。
チェーンソーのような危険な工具は、プロであっても簡単に扱えるようなものではありません。
使用前にはちゃんと講習を受けて扱う資格が必要なのです。
造園とはこういった機械技術も必要ですが、植物を扱う上での専門知識も必要なので決して簡単なものではありません。

電動工具とは

2色のチェーンソー

大型のプラント工具に比べて、電動工具のほうはまだ馴染みがあるのではないでしょうか。
コンパクトなコードレスタイプのドリルなどは、目にしたこともあるかと思います。

電動工具はホームセンターなどで手に入れることができます。
一般の人にとって、日曜大工などに使用する際にとても便利だったりするのです。
たとえばクギ打ちなど、わざわざトンカチで何度も叩くことなく電動ドリルさえあれば簡単に行うことができます。
一から何かを作る際にも家具などを修繕する際にも、電動工具さえ使いこなすことが出来れば手際よく短時間での作業が可能です。
また、使い古したら替え刃などもありますし、研磨石などで日頃から手入れをすることで長持ちさせることが可能です。
工具は頑丈なものではありますが、雑な扱いを続けていればやはり壊われてしまうまでも早いです。
ですので、長持ちさせるには大切に扱うことと日頃からのお手入れはかかさず行うようにしましょう。

買ったのは良いけれどあまり使用する機会がなかったという方は、リサイクルショップなどで買い取ってくれるので処分方法にも安心です。
次にまた工具を有効活用したいという方の手に渡るのを祈りましょう。

工具の種類

電動チェーンソーギア

大型施設のプラントにとって、金属加工工具や電気溶接機は欠かせません。
プラント工具における金属加工工具や電気溶接機にはどのようなものがあるかを紹介したいと思います。

■切断工具
電動工具のひとつであるチェーンソーは金属加工工具でもあります。
この工具は金属に限らず、角材でもなんでも切れる優れものです。
熱に強く、刃が折れにくいチェーンソーは硬いものを切断するのに最適で切れ味バツグンです。
刃を交換することも可能ですので、使い込んだら替え刃を用意して長持ちさせましょう。

■穴あけ用工具
油圧式パンチャーという金属加工工具のひとつで、ステンレスやアルミなどいろんな金属に穴を開けることができます。
手動のものと電動のものがありますが、どちらもあまり時間をかけずに簡単に開けることができるので、作業がスムーズに進ませられます。

■CO2/MIG溶接機
炭酸ガス、不活性ガスなどを利用した溶接機で、主に薄い金属などを溶接します。
普通のガス溶接に比べると、ムラがなくキレイな仕上がりになります。

■TIG溶接機
不活性ガスとタングステン電極を使用して、ステンレスやアルミなどを溶接します。
不活性ガスの使用によりキレイに溶接することができます。

■プラズマ溶接機
ガスを使用して溶接する方法に比べて、このプラズマ溶接機はより長い間キレイな溶接をすることができます。
機械自体の値段は高めではありますが、長く使用することを考えるとガスを使用するより低コストで済みます。